学校概要/学校長メッセージ

学校長メッセージ

学校長東京音楽大学は1907年に創立され、私立音楽大学としては我が国で最も古い歴史を有する音楽大学です。学校法人東京音楽大学には大学院(修士課程、博士課程)、大学、付属高等学校、付属幼稚園の他に、付属音楽教室、民族音楽研究所等も設置され、それぞれの特色を活かしたコース、カリキュラム、そして最新の設備環境が用意されています。
東京音楽大学付属高等学校は1932年に創立されました。カリキュラムの一部にセメスター制を導入し、一般科目や音楽専門科目では、春学期完結型、秋学期完結型、通年完結型の3種類に分かれた80分授業を行っております。また、各種音楽科目および語学は1学年を4〜5クラスに分けごく少人数の能力別クラスに分かれています。
レッスンは、教育者としても、あるいは演奏家としても優秀な大学の教授陣によって行われ、一人一人の実力、能力に見合ったレッスンが、生徒の技術、表現力、感性を磨き音楽の総合力が高められています。その成果として近年国内外の多くのコンクール等においても著しい成果を上げており、多くの卒業生が演奏家として活躍しています。
2019年より東京音楽大学は雑司ヶ谷キャンパスと中目黒・代官山キャンパスの2つに分かれますが、それを機に、高校は雑司ヶ谷キャンパスに移転の予定です。移転後は、高大一貫教育をさらに進化させ、アンサンブル授業、各種音楽専門科目および語学のそれぞれの中で、高校生のうちから大学の単位取得が可能になることを検討しております。高校の飛び級制度および大学の早期卒業制度と合わせ、特色ある高大連携カリキュラムの構築がなされる予定です。
また、高校独自の海外研修旅行や海外からの招聘教授によるレッスン、海外の音楽高校の生徒との交流等を通じ、国際感覚を養い世界で活躍できる人材の育成にもつとめております。
新入生の皆さんが本校で多くの経験をし、音楽の総合力と人間力を向上させ、将来大きな志を抱き世界に羽ばたいていくことを期待しています。

pagetop